男女

地元密着型の専門業者に外壁塗装を依頼するメリット

発電と売電の仕組み

家

利益を得るために

太陽光発電とは、ソーラーパネルに太陽光を浴びせることで、電気を作り出すというシステムです。ソーラーパネルには、光エネルギーを電気に変換する電池が内蔵されているため、太陽光を多く浴びせるほど、電気が多く作られることになります。作った電気は、太陽光発電装置を設置している建物で使うことが可能です。そのため昨今では、戸建て住宅の屋根などに設置することで、家庭で使用する電気を作るという人が増えています。発電量が多いと、使い切れずに残ることもあるのですが、その場合は電力会社に買い取ってもらうことができます。買取価格は、現在は1kWhあたり30円弱となっているので、500kWhの電気が余った場合には、1万円強の利益が期待できます。ただし買取価格は年々下がっていて、特に近年は、毎年1kWhあたり2〜4円ずつ安くなっています。したがって多くの人が、買取価格が高いうちに利益を得るために、積極的に太陽光発電装置を設置しています。また家庭用の太陽光発電では、買取価格が10年間固定となります。つまり今年太陽光発電装置を設置しておけば、来年以降に買取価格が下がったとしても、今年の買取価格での売電ができるわけです。さらに現在では、電気への変換効率の高い電池も開発されています。これを設置すれば、より効率良く発電できますし、その分多くの利益を得ることができます。そのことからも、設置を検討する人は増加しているのです。