男女

地元密着型の専門業者に外壁塗装を依頼するメリット

都内の塗装業者の選び方

色紙と玩具の家

東京都内で外壁塗装業者を選ぶときは資格、見積書、保証の有無をチェックしてみましょう。外壁塗装は資格がなくても塗り替え工事は可能です。ですが、きちんとした資格を持つ業者だと信頼度も上がります。東京の塗装業者のなかには塗装技能士資格と塗装工事業の許可を持っている業者がいます。塗装技能士には一級塗装技能士と二級塗装技能士の2種類があり、一級塗装技能士は塗装歴7年以上で塗装技能士国家試験に合格した職人さんが持つ資格です。塗装の技術や知識が確かであることの証明になりますので、この資格を持つ業者をチェックしてみましょう。もちろん、資格がなくても腕の良い職人さんは多数いますので一つの目安として考えておきます。塗装工事業の許可とは、国土交通省から承認された業者に与えられるもので5年ごとの更新制です。この許可証も選ぶときのポイントとしてチェックしておきます。東京の塗装業者に外壁塗装を依頼するときは必ず複数の業者から見積もりをとります。面倒でも3〜4社から見積もりを取って料金や内訳を比較してみます。この時に塗料の種類や料金、工事代金の内訳をきちんと明記してあるかチェックします。見積書の内容について質問して明確な答えが返ってくる業者がおススメです。また、アフターサービスや保証書について業者に確認しておくことも重要なポイントです。東京の業者は都内だけでなく周辺地域でも工事を行っていますので、出張工事が可能か問い合わせてみましょう。外壁塗装は建物の耐久性に維持するために必要な工事ですから、比較検討して業者を選びたいものです。